現在位置: ホーム R&D Project 16ch-1Gsps-Digitizer

16ch-1Gsps-Digitizer

メンバー

  • 岸本俊二(代表:KEK物構研)
  • 庄子 正剛(IPNS, KEK)PCB担当
  • 池野 正弘(IPNS, KEK)
  • 内田 智久(IPNS, KEK)
  • 田中 真伸(IPNS, KEK)
概要

 シリコン・アバランシェフォトダイオード(比例モード)によるピクセル・アレイX 線検出器を開発し、X線構造解析、核共鳴散乱実験などに応用するため、多チャンネ ル超高速パルス波形デジタイザーボードを開発する。

機能・特徴

 16ch-1Gsps-DigitizerSMB コネクタより入力された 16 チャネルアナログ信号 を高速でアナログ・リング・メモリに書き込む。トリガ条件が成立するとアナログメモリへの書き込みを 停止して、書き込んだデータを読み出しながら A/D 変換し、その結果を SiTCP で送出する機能を有する。アナログメモリへの書き込み速度は 1Gsps,2Gsps,3.33Gsps,5Gsps が選択可能である。 

公開予定リソース
  •  回路図
図・写真等

ボード写真

   

上記ボードに接続する検出器及びフロントエンドの写真

発表論文リスト
  1.  S. Kishimoto, S. Adachi, T. Taniguchi, M. Ikeno, S. Shimazaki, M. Tanaka, T. Mitsui,
    "Si-APD array detectors with 2 ns pulse-pair resolving time and sub-ns resolution for synchrotron X-ray measurements",Nucl. Instr. and Meth. A 650 (2011) 98-100.
  2.  
関連リンク

 

プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション