現在位置: ホーム / R&D Project / 薄型挟ピッチシリコンストリップ検出器で用いるASIC SNAP128のための性能評価基板の製作

薄型挟ピッチシリコンストリップ検出器で用いるASIC SNAP128のための性能評価基板の製作

概要

Belle II実験では検出器アップグレードに向けた薄型挟ピッチシリコンストリップ検出器を開発しており、その検出器に用いる読み出しASIC(SNAP128)の開発を行っている。本プロジェクトは製作したprototype ASICの読み出し動作の確認、および性能評価のための評価用基板の製作を行うものである。

メンバー
  • 中村克朗, Nakamura Katsuro(代表:高エネルギー加速器研究機構・助教)
  • 王子涵, Wang Zihan (東大, M1)
  • 坪山透, Toru Tsuboyama (KEK, 講師) 
機能・特徴

ASICベアチップ実装

公開予定リソース

公開予定リソースのリストを追加してください。

図・写真等

図や写真を追加してください

関連リンク

関連リンクを追加してください

発表論文リスト

発表論文のリストを追加してください

プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション