現在位置: ホーム R&D Project GEMトリガー用ASIC開発

GEMトリガー用ASIC開発

概要

J-PARCでの高計数率実験のために、GEM trackerのフォイル信号を用いたtrigger用フロントエンドとして、ハイレート耐性・低ノイズ読み出しASICを開発する。

メンバー
  • 小沢 恭一郎(代表:IPNS, KEK)
  • 小原裕貴 (東京大学)
  • 田中真伸 (IPNS KEK)
機能・特徴

GEM trackerのfoil signalをcharge sensitive preamplifier, pole-zero cancellation,shaperにより増幅・整形しcomparatorでデジタル読み出しを行う。 foil(cathode)からの信号をトリガー信号として低ノイズで取り出せる事が重要な要求性能であるが、将来的なstrip(anode) signalのデジタル読み出しも念頭において開発を進める。

公開予定リソース

NDAを締結後、回路図等

図・写真等

ASIC チップ写真

関連リンク

小沢研究室

発表論文リスト
  1. 東京大学2013修士論文小原裕貴 Development of the large GEM tracker and the trigger system for the J-PARC E16 experiment
プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション