現在位置: ホーム R&D Project QPIX public

QPIX

概要

ガス検出器の電荷信号を直接入力し、アナログ処理、デジタル処理(ADC、TOF機能)をピクセル内に高密度実装したガス検出器用ピクセル読み出しASICの開発および検出器としての実装技術の開発

メンバー
  • 杉山 晃(代表:佐賀大学)
  • 松澤 昭(東京工業大学)
  • L.Fei(東京工業大学)
  • 宮原正也(東京工業大学)
  • 身内賢太朗(神戸大学)
  • 田中真伸(IPNS KEK)
  • 房安貴弘(長崎総合科学大学)

内部ページ

機能・特徴
  • ガス検出器の読み出しPADと処理回路が一体化したピクセルASIC。将来的にはガス増幅機構も一体化する予定である。ガス中の荷電粒子の飛跡を3次元的に捉える事を目指す。
  • (最終目標)100μmピッチ ADC 10bit TOT 8bit TOF 14bit 1fC〜100fC
  • (現状 QPIX-ver1.0) 200μmピッチ ADC 10bit TOT 8bit TOF 14bit 35fC〜1.5pC
リソース

完成した後、上記の開発にあたって必要である技術的なノウハウを可能な範囲で公開致します。

図・写真等

東京工業大学と共同で開発中のQPIXチップの写真

2010年に製作したQPIX-ver1.0の顕微鏡写真。(200μmピッチで20×20ピクセルが配されている。)

論文発表(査読なし)
  1. "NEWAGE" K. Miuchi, K. Nakamura, A. Takada, S. Iwaki, H. Kubo, T. Mizumoto, H. Nishimura, J. Parker, T. Sawano, T. Tanimori, H. Sekiya, A. Takeda, T. Fusayasu, A. Sugiyama and M. Tanaka Proceedings of "CYGNUS 2011 : 3rd Workshop on directional detection of Dark Matter" Aussois, France, June 8-10, 2011 EAS publication Series 53 (2012) pp. 33-41, 1109.3099 DOI:10.1051/eas/0936034
会議発表(国際会議)
  1. A new particle detector LSI Qpix: integrating high speed ADC for each pixel Akira MATSUZAWA (oral presentation at TIPP 2009 Tsukuba Japan)
  2. Akira Sugiyama "R&D of QPIX", CYGNUS 2013(oral persentaion)Toyama,Japan June 11, 2013(PDF)
会議発表(国内会議)
  1. 杉山晃 新型ガスピクセル用読み出しASIC ~QPiX~ の開発 第5回MPGD研究会(口頭発表)(理化学研究所) 2008年12月12日(pdfファイル)
  2. 身内賢太朗 "QPIX" 第6回MPGD研究会(口頭発表)(神戸大学) 2009年12月12日(pdfファイル)
  3. 身内賢太朗 "QPIXの" 第7回MPGD研究会(口頭発表) 山形大学 2010年11月26日 (pdfファイル)
  4. 中島健一 "QPIX"第8回MPGD研究会(口頭発表)近畿大学 2011年12月9日(pdfファイル、pptファイル)
  5. 宮下遼 "QPIXのビーム試験結果"第9回MPGD研究会(口頭発表)長崎総合科学大学 2012年12月7日()
  6. 身内賢太朗 "ビルドアップ法によるMPGDの製作"第9回MPGD研究会(口頭発表)長崎総合科学大学 2012年12月7日( PDF )
  7. 田中真伸”粒子線3次元飛跡検出用ガスピクセルセンサーの開発評価”第10回高崎量子応用研究シンポジウム2015年10月9日(keynote)
Doctor Thesis
  1. FEI 2013
Master Thesis
  1. A pixel readout LSI with a built-in ADC for particle detector applications VU MINH KHOA 2010年東京工業大学
  2. ガスを用いたピクセル型検出器の開発 宮下遼 2014年佐賀大学
関連リンク
プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション