現在位置: ホーム R&D Project HBD trigger ASIC HBD trigger ASIC

HBD trigger ASIC

概要

J-PARC E16実験の電子識別triggerのため、HBD検出器のGEMフォイル信号読み出しのフロントエンドとして、大入力容量に対応したハイレート耐性・低ノイズ読み出しASICを開発する。

メンバー
  •  四日市 悟(代表, 理研仁科センター 専任研究員)
  •  小原 裕貴(東京大学)
  •  菅野 光輝(東京大学/理研仁科センター)
  •  小沢 恭一郎(KEK 准教授)
  •  森野 雄平 (KEK 助教)
  •  田中 真伸 (KEK 教授)
機能・特徴

HBDのsignalをチャージアンプで増幅し、comparatorでトリガー用のデジタル信号
として読み出しを行う。
検出器側の容量、10nFに対応し、時定数 1micros程度、 3fC程度の入力に対して
thresholdをかけられるような、
ハイレート耐性・低ノイズ読み出しASICを開発を行う。

公開予定リソース

NDAを締結後回路図、レイアウト等

図・写真等

 

関連リンク
発表論文リスト

 

プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション