現在位置: ホーム R&D Project ドリフトチェンバー用ASIC public

ドリフトチェンバー用ASIC

メンバー
  • 島崎昇一(KEK素核研)
  • 田中真伸(KEK素核研)
  • 谷口 敬(2009年度まで。KEK素核研→岡山大に転出)
概要
  • Belle-IIの中央飛跡検出器(CDC)のフロントエンド回路としてASD(amplifier-shaper-discriminator)をASICにて開発する

 

機能・特徴
  • BiCMOSプロセス(0.8um)を利用:バイポーラトランジスタとCMOSの構成が出来、それぞれの利点を生かせる
  • 8チャンネルアンプ、ポールゼロキャンセル、シェーパー、ディスクリミネーターを含みアナログ出力とディジタル出力を備える
  • ディスクリミネーターのスレッショルドは外部より印加
  • パッケージ8mm×8mm 64pin
  •  
リソース

 

 

写真

2011_CDC.jpg  size:4.1mm×4.1mm

関連リンク

 

発表論文リスト

 

  1. Shoichi Shimazaki, Takashi Taniguchi, Tomohisa Uchida, Masahiro Ikeno, Nanae Taniguchi, Manobu M. Tanaka, "Front-end electronics of the Belle II drift chamber," Nucl. Instrum. Meth. A735C, pp. 193-197, 2014, DOI: 10.1016/j.nima.2013.09.050
学会・会議発表(2010年度を含む。上記xxxの発表以外)

1. 2011 JPS symposium 「BiCMOSプロセスを使ったBelle II-CDC(Central Drift Chamber)用のFront-end ASICの開発」

2. 2011 IEEE Nuclear Science Symposium 「Development of BELLEII-CDC Front-end ASIC」

共同研究者
  • 青木 厳(Repic)、根岸 久(Repic)

 

関連する研究課題

 

 

プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション