現在位置: ホーム R&D Project FPCCD-readout-system public

FPCCD-readout-system

メンバー
  • 杉本康博(代表:IPNS KEK)
  • 宮本彰也(IPNS KEK)
  • 田窪洋介(東北大)
  • 斎藤智之(東北大)
  • 板垣憲之輔(東北大)
  • 千代浩司(IPNS KEK)
  • 安 芳次(IPNS KEK)
  • 仲吉一男(IPNS KEK)
概要

ILC測定器に用いるバーテックス検出器の候補の一つであるFine Pixel CCD(FPCCD)の読み出し系の開発を行っている。FPCCDバーテックス検出器はピクセルサイズが5ミクロン角という非常に小さいCCDをセンサーに用いる。1ch当たりの総ピクセル数が100万を超え、この全てのピクセルのデータを200msで読み出す必要がある。したがってセンサーの開発とともに読み出し系の開発が不可欠であり、我々はDAQ-Middleware用いたシステムの構築をしている。

機能・特徴

DAQ-Middleware によるデータ読みだしソフトウェア:

  • SiTCP搭載の読みだしボードからイーサネット(TCP)経由でデータを読み出すコンポーネントの開発
  • 読み出したデータをオンラインでモニタしてデータの可視化および表示するコンポーネントの開発
  • イーサネット(UDP)経由で読みだしボードのパラメータの設定
リソース

開発したDAQコンポーネントはWebで公開予定

図・写真等

DAQ-Middlewareによる読み出しシステムで得られたFPCCDの画像

DAQ-Middlewareによる読み出しシステムで得られたFPCCDの画像(ILCの文字)

関連リンク

ILC VTX CCDグループのページ

発表論文リスト
プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション