現在位置: ホーム プロジェクト γI-SiTCP public γI-SiTCP

γI-SiTCP

γI(ガンマアイ)計画用に用いるKEK製のADC-SiTCPボード。本計画では数十本のPMTを2層に配置したコンプトン型ガンマ線カメラを用いる予定で、その多数のPMT波形を同時に取得する必要がある。そのような多チャンネルの波形をADC-SiTCPボードを用いてデータ取得を行うことで、TCPを用いて高速でデータを転送することが可能。またこのボードはFPGAを搭載しているため、トリガーロジックなどを容易に修正することが可能となっている。

メンバー

  • 榎本 良治(代表:ICRR)
  • 村石 浩(北里大学)
  • 片桐 秀明(茨城大学)
  • 吉田 龍生(茨城大学)
  • 柳田 昭平(茨城大学)
  • 加賀谷 美佳(茨城大学)
  • 梅原 克典(茨城大学)
  • 中山 浩平(茨城大学)
  • 内田 智久(IPNS, KEK)
  • 田中 真伸(IPNS, KEK)
  • 花房 龍治(富士電機)
概要

γI(ガンマアイ)計画用に用いるKEK製のADC-SiTCPボード。本計画では数十本のPMTを2層に配置したコンプトン型ガンマ線カメラを用いる予定で、その多数のPMT波形を同時に取得する必要がある。そのような多チャンネルの波形をADC-SiTCPボードを用いてデータ取得を行うことで、TCPを用いて高速でデータを転送することが可能。またこのボードはFPGAを搭載しているため、トリガーロジックなどを容易に修正することが可能となっている。

機能・特徴

編集中

公開予定リソース
図・写真等

γI-SiTCPボードの写真

発表論文リスト
  1. 加賀谷美佳、“コンプトンカメラγI(ガンマアイ)12チャンネルプロトタイプ検出器の開発 ” 日本物理学会 2013秋季大会@高知大学 (pdf)
  2. 加賀谷美佳、“CsI結晶シンチレータを用いたコンプトンカメラγI(ガンマアイ)の開発(2) ” 日本物理学会 2013春季大会@広島大学 (pdf)
  3. 片桐秀明,内田智久A,梅原克典,榎本良治B,加賀谷美佳,田中真伸A,中山浩平,花房龍治C,村石浩D,柳田昭平,吉田龍生,他 オープンソースコンソーシアム(Open-It) 茨城大理,KEK素核研A,東大宇宙線研B,富士電機C,北里大医衛D、“コンプトンカメラγI(ガンマアイ)のプロトタイプ製作 ” 日本物理学会 2013年 年次大会@広島大学 (pdf)
  4. 榎本良治、“高感度で安価な方向のわかる137Csガンマ線検出器の開発 ”日本物理学会 2012秋季大会@京都産業大学 (pdf)
  5. 加賀谷美佳、“CsI結晶シンチレータを用いたコンプトンカメラγI(ガンマアイ)の開発 ” 日本物理学会 2012秋季大会@京都産業大学 (pdf)
  6. 村石浩、“CsI(Tl)シンチレータを用いた新しいγ線イメージング装置(γI:ガンマアイ)の検討 ” 日本医学物理学会2012 第104回学術大会@つくば国際会議場 (pdf)
関連リンク

プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション