現在位置: ホーム R&D Project MuRad-SiTCP public

MuRad-SiTCP

メンバー
  • 武多昭道(代表:CHEER ERI 東京大学)
  • 西山竜一(CHEER ERI 東京大学)
  • 田中真伸(IPNS KEK)
  • 池野正弘(IPNS KEK)
  • 仲吉一男(IPNS KEK)
  • 内田智久(IPNS KEK)
概要

多チャンネルのPMTの読み出し及びデータ処理を、TCP/Ethernetを介して行えるようなエレキの開発を行う。
火山など、通信、電源インフラが極めて限定される場所でのDAQを行うため、消費電力を極限まで低減しつつ、送信データ量を低減するためのデータ処理が可能なエレキ開発を行う。また、誰もが簡便に利用できるような汎用エレクトロニクスを目指す。並行して、マルチアノードPMTを用いるためのドーターボード、MPPCを用いるためのドーターボードの開発も行う。

機能・特徴

48チャンネルのPMTの読み出し、トリガー、データ処理が可能。各チャンネルの信号は200MHzでディスクリミネータにより量子化され、そのビットパターンを用いてトリガーを生成する。トリガーのかかったビットパターンはFPGA内部でヒストグラム化され、ヒストグラムはSiTCPを用いて外部に送信される。また、FPGA内部にHTTPサーバーを内蔵しており、外部からインターネットのブラウザを通じて、専用のハードウェアやソフトウェアを使用することなく、極めて簡便にDAQを行うことができる。

公開予定リソース
  • 回路図
  • FPGA firmware (Verilog-HDL)
図・写真等

MuRad.JPG

muonisys.png

関連リンク

東京大学 地震研究所 高エネルギー素粒子地球物理学研究センター

発表論文リスト
  1. Tanaka, H. K.M., T. Uchida, Manobu Tanaka, H. Shinohara, and H. Taira, Development of a portable assembly type cosmic-ray muon module for measuring the density structure of a column of magma, Earth Planets Space, Vol. 62, No. 2, pp. 119-129, Feb., 2010.
  2. Taira, H., and H.K.M. Tanaka, Possible space and power effective muon sensor module for imaging a volcano, Earth Planets Space, Vol. 62, No. 2, pp. 179-186, Feb., 2010.
  3. Uchida, T., H K. M. Tanaka, and M. Tanaka, Development of a muon radiographic imaging electronic board system towards a stable solar power operation, Earth Planets Space, Vol. 62, No. 2, pp. 167-172, Feb., 2010.
  4. Tanaka, H. K.M., T. Uchida, M. Tanaka, and H. Shinohara, Cosmic-ray muon imaging of magma in a conduit: Degassing process of Satsuma-Iwojima Volcano, Japan, Geophysical Research Letters, Vol. 36, L01304, pp. 1-5, Jan., 2009.
  5. Uchida, T. , H. K. M. Tanaka, and M. Tanaka, Space Saving and Power Efficient Readout System for Cosmic-Ray Muon Radiography, IEEE Transactions on Nuclear Science, Vol. 56, No.2, pp. 448-452, Apr., 2009.
  6. Tanaka, H.K.M., T. Uchida, M. Tanaka, M. Takeo, J. Oikawa, T. Ohminato, Y. Aoki, E. Koyama, and H. Tsuji, Detecting a mass change inside a volcano by cosmic-ray muon radiography (muography): First results from measurements at Asama volcano, Japan, Geophysical Research Letters, Vol. 36, L17302, pp. 1-4, Sept., 2009.
プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション