現在位置: ホーム R&D Project PT6-汎用VMEマザーボード public

PT6-汎用VMEマザーボード

メンバー
  • 坂本宏(代表, ICEPP 東大)
  • 大谷育生(ICEPP 東大)
  • 神谷隆之(ICEPP 東大)
  • 二ノ宮陽一(ICEPP 東大)
  • 池野正弘(IPNS KEK)
  • 佐々木修(IPNS KEK)
  • 内田智久(IPNS KEK)
概要

PT6 (ProtoType 6) ボードの開発。
ATLAS 検出器のデータ読み出し処理回路のアップグレード用プロトタイプ。

機能・特徴
  • VME スレーヴモジュール (A32D32モード、6U サイズ)
  • Spartan6 FPGA を搭載
  • CPLD により VME バックプレーン制御、FPGA のコンフィギュアが可能
  • Mezzanine Card スロットを1つ搭載
  • RS232 によるコンソールが可能
  • HSSDC2 (High Speed Serial Data Connector) を4口搭載し、Rocket IO GTP ギガビットトランシーバによる高速通信が可能
  • Gigabit Ethernet コネクタを搭載し、Ethernet による通信が可能
公開予定リソース
  • PT6 の仕様書
  • PT6 ボードの回路図
  • CPLD の HDL デザイン
  • FPGA の HDL デザインサンプル
図・写真等

PT6.JPG

関連リンク

ATLAS 日本グループ

発表論文リスト
  1. 神谷隆之,坂本宏,結束晃平,二ノ宮陽一,Katarina Bendtz,佐々木修,池野正弘,内田智久,菅谷頼仁,他ATLAS日本TGCグループ, "ATLASアップグレードに向けたミューオン検出器読み出し回路の研究開発" 日本物理学会2010年秋季大会
  2. 二ノ宮陽一,神谷隆之,坂本宏,結束晃平,Katarina Bendtz,佐々木修,池野正弘,内田智久,菅谷頼仁,他ATLAS日本TGCグループ, "ATLASミューオントリガー検出器用読み出し回路のアップグレードに向けた研究" 日本物理学会2010年秋季大会
  3. 二ノ宮陽一,神谷隆之,坂本宏,結束晃平,織田勧,佐々木修,池野正弘,内田智久,藏重久弥,菅谷頼仁,福永力,他ATLAS日本TGCグループ,汎用FPGAモジュールを用いたATLASミューオントリガー検出器用読み出しシステムのアップグレード研究日本物理学会2011年春季大会
  4. 大谷育生,坂本宏,織田勧,結束晃平,二ノ宮陽一,佐々木修,池野正弘,内田智久,他ATLAS日本TGCグループ,"ATLAS実験アップグレードに向けた 高速シリアルインターフェースを用いた データ処理系の開発" 日本物理学会2012年春季大会
プロジェクトメンバー

各プロジェクトのメンバー用ページを閲覧するためには、ログインとプロジェクトごとのアクセス権が必要です

ナビゲーション